セラミック水処理装置エルセで熱交換器のCOP改善、給排水管の保全対策に!

HOME > エルセ

エルセ

エルセは働く水をつくります。

エルセの仕組み

エルセの中を水が通ると、1mmから3mm径のエルセセラミックスが流動し、ぶつかり合います。その際に発生する微弱な電気エネルギーによって生成されるのが、粒子セラミックス処理水です。

電気エネルギーによって性質が変わったこの水は、衛生環境の向上や生態の活性化などに高い効果を発揮します。
1.導入コストがリーズナブル
エルセの本体構造は非常に単純で、しかも動力装置などの追加設備は必要ありません。(※循環系は除きます。)そのため、同様の効果があるその他の水処理施設に比べて低コストで導入することができます。
2.ランニングコストを抑えられる
エルセは通水によって効力が発生するため、電力などのエネルギーは必要ありません。(※循環系は除きます。)また、セラミックス粒子は水流によって常に流動しているので、つまりなどによる故障のリスクも最小限に抑えられます。メンテナンスフリーで故障が少ないエルセは、ライフサイクルコストの削減にも有効です。
3.環境への負荷が少ない
エルセで生成した水は、高い洗浄・防汚効果があります。そのため、洗浄に必要となる薬剤や水の量を最小限に抑えることが可能です。電力を必要としないため、CO2の削減にも高い効果を発揮します。
電気二重層
水流とエルセセラミックスとの界面に電気二重層が形成。
水側がプラスに帯電し、電気的作用を与える。
図
  局所発熱
エルセセラミックス同士の衝突・摩擦によってセラミックスの表面と内部で微細な温度差が発生します。
図
  プラス帯電
温度差によってごくわずかな電流(電気)が発生。わずかな電気的エネルギーによって水の構造が変化して本来持っている機能を高める。エルセ水はプラス帯電しています。
図
エルセ設置箇所別
  • 建物配管・クーリングタワー
  • トイレ
  • 住宅用(シャワーヘッド含む・エコキュート・食洗機)
荏原商事へのお問い合わせはこちらから お電話からお問い合わせ 03-5645-0155 受付時間: 月~金 10:00 ~ 17:00 メールフォームからお問い合わせ
お問い合わせ
事業案内
  • 太陽光発電
  • 小水力発電
  • 省エネ
  • エルセ
  • 蓄電池
導入実績
  • 太陽光発電
  • 小水力発電
  • エルセ発電
  • 省エネ・照明
  • 電気はどうやってできるの? お子様向け学習用コンテンツ
  • ebasho オフィシャルブログ
このページの上へ