2012年2月24日

エルセ水処理装置でトイレや水廻りの臭い対策に!

トイレや水廻りの臭いでお困りの方はいらっしゃいませんか?
トイレの詰まりでお困りの方は?
2つを一挙に解決する装置があります

セラミック式水処理装置「エルセ」

今回はエルセによるトイレや水廻りの臭い対策についてご紹介します。


トイレや水廻り、特にトイレの臭いは非常に不快ですね。
商業施設などではトイレの臭いは施設の人気にも影響してきます。
臭い場所には近づきたくないかと思います。

この臭い原因のひとつに「尿石」というものがあります。

尿石とは、排尿に含まれる微量のカルシウムが配管内に付着し、
そこに発生したバクテリアが尿素を分解して アンモニアを生成します。


その際にカルシウム分が水に溶けない成分へと変化し、腐敗有機物と複雑に混ざり合って配管内に強固に付着するのです。
これを「尿石」と呼びます。
ここから非常に強烈な悪臭が発せられます!
また尿石がどんどん付着をしていくと、臭いだけでなく、排水管の詰まりまでも発生します。
この尿石の結合を溶き、尿石の付着を防止する機器がエルセです。

通常尿石や詰まりを解消するには、タンクを大きくして流量を増やしたり、薬品を注入する、定期的に配管を交換するなどの方法がありますが、いずれもコストが大きくかかります。


また薬品を注入した水は通常排水としては捨てられないため、排水処理の手間がかかりますし、配管を痛めることにもなります。
環境にも良くありません。

エルセは、水を尿石に浸透しやすい状態にし、尿石の結合を溶き、尿石が配管内に付着しづらい状態にすることで、臭いや詰まりを解消します。
エルセによって臭いを蓄積元から解消し尿石が溜まりにくい設備を作ります。

メンテナンスにかかるコスト低減が可能です!