2013年5月22日

熱中症対策はお早めに!

熱中症予防にWBGT表示器

ゴールデンウィークも過ぎ去り、梅雨入りも目の前となってきました。
つい最近まで寒さに震えていたと思えば、すでに夏日や真夏日の気温になった地域もあるようです。

熱中症の危険度はすでに高まっています。
熱中症予防のためにWBGT値を的確に利用しましょう!

温湿度や熱中症危険度が一目で分かり、休憩の目安にしたり、労働環境改善に活かすことができます!

☆第12次労働災害防止計画骨子(案)でも熱中症対策としてWBGT値の測定機器の設置の義務が検討されています!
厚生労働省が取り組む(第12次)労働災害防止計画の骨子(案)では熱中症対策を重点とする健康確保・職業性疾病対策のひとつとして、
「平成20年(2008年)と比較して、平成29年(2017年)までに職場での熱中症による休業4日以上の労働災害の死傷者の数を22.5%減少させる」
という目標が掲げられています。

目標達成のための具体的対策の一貫として、「夏季の一定の時期の屋外作業について、WBGT値の測定と必要な措置を義務付けること」が検討されています。

WBGT表示器の設置はお早めに!!