パワーコンディショナメンテナンスの流れ|荏原商事株式会社

HOME > 太陽光発電 > パワーコンディショナメンテナンスの流れ

パワーコンディショナメンテナンスの流れ

パワーコンディショナのメンテナンスは大きく分けて、通常点検と部品交換の2種類があります。通常点検とは、メンテナンス提案のページでご紹介している年次点検にあたります。部品交換とは、各パワーコンディショナメーカーが推奨している重要な作業です。
特に年次点検をしっかりと行っていれば、故障する前に老朽化や磨耗した部品を発見できるため、予想外のトラブルを防げます。

下記では一例として、発電所を安全に稼動させるために重要となるパワーコンディショナの通常点検の一部を抜粋して、写真と共に解説いたします。参考にご覧ください。

250kWパワーコンディショナ 10台点検作業 (栃木県某所)

盤内外観検査

盤内外観検査を行い、消耗品や運転状況をチェックするところから、通常点検は始まります。

フィルター表面の清掃

屋外盤フィルター部分を点検し、表面に見える汚れを落とします。定期的に清掃していても、汚れはたまります。

清掃前のフィルター

パワーコンディショナを納入後、1年経過した清掃前のフィルターです。埃などで目詰まりしているのが一目瞭然。これらが故障の原因となります。

フィルターの清掃

クリーナーでフィルターを清掃します。目詰まりしている埃や汚れを丁寧に取っていきます。

水洗い

クリーナーで清掃後、水洗いをして、徹底的に埃や汚れを取ります。クリーナーで取りきれなかった埃や汚れを水で洗い流します。

清掃完了

清掃後のフィルターの状況です。クリーナーおよび水洗いのおかげで、目詰まりしていた埃や汚れが、きれいになくなっています。

換気ファンの確認

換気ファンを取り外し、排熱に異常が起こらないよう、詰まり・回転・汚れを確認します。

制御電源電圧の測定

制御電源電圧の測定と共に、その他ケーブルなどに異常がないかを確認します。

最終測定

絶縁抵抗を測定し、異常がないことが確認できれば、清掃は完了です。

完了

最後に清掃後のフィルターを取り付けて、完了となります。

荏原商事へのお問い合わせはこちらから お電話からお問い合わせ 03-5645-0155 受付時間: 月~金 10:00 ~ 17:00 メールフォームからお問い合わせ
お問い合わせ
事業案内
  • 太陽光発電
  • 小水力発電
  • 省エネ
  • エルセ
  • 蓄電池
導入実績
  • 太陽光発電
  • 小水力発電
  • エルセ発電
  • 省エネ・照明
  • 電気はどうやってできるの? お子様向け学習用コンテンツ
  • ebasho オフィシャルブログ
このページの上へ